ソフトバンクエアーの料金の王様

中継器を用いるとWifiの電波を強く出来る

戸建て住宅にお住まいの場合、各部屋でインターネットをするのに便利なのがWifiルーターです。

ケーブルを必要とせず、無線接続でどこでもネットが行えるので既に導入されているご家庭も多いでしょう。現行機種の場合、ルーター本体から約10mほどの距離で無線接続が可能な製品が多く2階建て以上の住居や壁などの障害物があるところでは電波が弱まってしまう弱点にあげられます。この弱点を補うために各社メーカーが販売しているのが、中継器と呼ばれる機器でパソコンまたはタブレット端末とWifiルーターの間に設置をして用います。

中継器の役割は弱まったWifi電波の増幅で、この中継器で再びルーターの間近と同じ強さの電波を受信することが出来て動画閲覧もスムーズでストレスを感じないことでしょう。そのため、2階建て以上の建物であってもさらにここから10mの距離でシグナルの強い電波を受信して快適にインターネット接続を行うことが可能です。家電量販店で約2000円ほどとお安い価格で販売されているので導入しやすい機器ですが、ひとつ注意をしておきたいことがあります。

それはWifiの中継器を設置した際はまず、パソコンに接続をしてセキュリティ設定を正しく行っておく必要があるので気を付けてください。電波が強まるということは外部からも受信できる状態になるということで、クレジットカード番号など大切な個人情報が漏洩する恐れがあります。正しくセキュリティ設定をしていれば、漏れる心配もなく安全に使用出来る便利な機器です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *