ソフトバンクエアーの料金の王様

家のWifiが弱い場合に役立つ中継器

Wifiの電波が弱いと感じたり、通信が不安定になる時は、中継器を挟むことで解決する場合があります。

中継器はスマートフォンなどの端末と、Wifiルーターとの間に距離がある場合に、電波強度が低下する状況を改善します。特に、長屋のような作りの家や、機器の間に複数の壁がある状況において役立つものです。中継器のメリットは、Wifiルーターよりも価格が手頃で、サイズもあまり場所を取らない点にあります。中にはコンセントに指すだけで使えるタイプもありますから、価格だけでなく利便性においても魅力的です。

機能的にはWifiの電波を拾い、電波を広い範囲に発信することがと特徴で、通信時に弱まる電波強度の補強を行うイメージです。無線通信で電波が弱いならば、中継器を間に1つ挟むだけで解決する可能性があって、案外簡単に解決するケースも少なくないです。Wifiの弱点を補う中継器は、価格帯が2千円台からとリーズナブルで、導入のハードルが低いといえます。

旧製品などによっては、2千円を切る製品もありますから、コスト面のハードル自体はとても低いと思われます。設置場所が必要となると、スペースやインテリアが導入の懸念材料に加わりますが、コンパクトなタイプなら大丈夫です。コンセントに指すタイプなら簡単ですし、設置場所の確保は不要で目立ちにくい利点も発揮します。コンセントが埋まって使えなくなる欠点は存在しますが、コンセントつきの製品ならその問題も解決です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *