ソフトバンクエアーの料金の王様

Wifiの電波強度が弱かったら中継器を利用しよう

自宅の無線LANルーターを交換したりパソコンなどの通信機器を買い換えたらWifiの繋がりが悪くなった、場所によってWifiが利用できないなどの問題が発生する場合があります。

どちらの場合でも共通しているのが電波強度の問題です。この問題は無線LANルーターの設置場所が悪いか、住まいの構造上Wifiを利用するのが難しい場所である場合が殆どです。無線LANルーターの設置場所を理想的な場所へ移動させれば解決することもあるのですが、物理的に困難であったり移動させたとしても電波が届かない場所ができてしまったりします。こうした場合は中継器を利用するのがおすすめです。

中継器は無線LANルーターからの電波を受け取って親機と同様に電波を発信してくれる機器で、お住まいのWifi利用エリアを拡大してくれます。中継器はコンセントに直接差し込むタイプの物が一般的ですから設置がとても簡単で、コンパクト設計ですから邪魔になりません。何部屋もの壁で電波が遮られてしまうといった場合や階が異なるといった場合でもしっかりと電波を届けてくれます。

値段も数千円程度から高くても1万円台と比較的低コストでの入手が可能です。1つだけだと電波が弱いといった場合は2つの中継器を利用して電波を送ることもできますから、不安定な送受信や電波強度の悩みもすんなりと解決できるかもしれません。もしもインターネットの読み込みが遅かったり電波強度が弱かったりする場合は、一度中継器を利用してみると良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *