ソフトバンクエアーの料金の王様

Wifi中継器の働きと使い方とは

家庭やオフィスの建物内などでWifiを使用する場合、親機から離れた場所だと電波が弱くなって通信速度の低下や回線が不安定になってしまう場合があります。

距離が短くても途中に壁や床などがあると電波が遮られてしまい、通信障害が起こるケースも少なくありません。広い範囲で無線LANを利用するためには、親機の出力を高くすることができます。ただし無線ルーターの電波の出力は法律で上限が定められているので、親機と子機の距離が遠く離れすぎていると電波が届かない場合があります。

広い範囲でWifiを利用する場合には、通信可能な範囲を広げるための中継器を活用する方法があります。中継器は親機と子機の距離が離れていても、通信ができるようにするための装置です親機のWifi電波が届く範囲内に設置しておけば、遠くの方にある子機と通信をすることによって建物内で利用可能な範囲を広げてくれます。使用していないWifiルーターを活用することも可能です。

Wifi中継器は安価な物であれば3、000円くらいで購入でき、最初にセットアップをしておくだけで使用し続けることができます。設定方法は、まず最初に親機と中継器の間で通信をさせて接続させます。次に中継器とスマートフォンやノートパソコンなどの子機の間で接続のための設定作業をします。以後は何もしなくても自動的に子機が認識してくれるので、屋内で快適にインターネットが使用できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *