ソフトバンクエアーの料金の王様

電波強度とセキュリティで決まるWifiの選び方

電波強度が強いと快適な使用環境になるので、Wifiルーターの選び方はより多くのアンテナを搭載している物がお勧めです。

目安は3本以上で転送速度も5GHzに対応していればより速い通信環境になり、一度に接続できる通信端末の数も増加します。ですが留意点としてWifiの選び方は使用する接続機器の無線規格に合わせた物にし、有線とルーターを接続する場合も速度の対応規格を合わせる必要があります。さらに広い場所で通信する時は中継機能を搭載した物を選び、複数台設置する為双方の対応無線規格が合致しているタイプをWifiの選び方の基準にしてください。

転送速度の目安は1500Mbps以上の物で、この数値を満たせば3階建ての戸建住宅でも場所を問わず快適な通信が可能です。集合住宅の様に人口が密集している地域で無線通信を行う時には、セキュリティに気を遣う必要があります。なのでWifiの選び方はWPAタイプの物にし、PSKを把握している人のみが接続できる通信環境の設置をお勧めします。

このセキュリティシステムには保護アクセスバージョンとしてWPA2も存在し、ルーターによってはシステムを両方実装しているタイプもあるので設定しやすい物を選択するのもお勧めです。尚セキュリティの知識がない方はWPSとAOSSが搭載された物がお勧めで、双方共にボタン一つで設定できます。しかしAOSSは通信端末側も対応している必要があるので、Wifiの選び方は接続機種に合わせた物をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *