中古不動産のリノベーションでは事前に図面を確認

img-1

中古の不動産を購入してリノベーションする、というマイホームの選択肢が注目を集めています。
新築物件よりも手頃で且つこだわりを実現できる自由度が高いことが人気の理由です。メディアなどで、リノベーションによって見違えるほどお洒落になった中古マンションの一室がたびたび紹介されていることからも、リノベーションに注目が集まっています。


不動産の中でも特にマンションは中古の方が自由度が高い、という点は事実です。

新築物件でも施工前に契約し、ある程度の仕様変更が可能な場合もありますが、好きな間取りにできるわけではありません。


仕様変更できるのは設備のグレードやフローリングの素材など、構造に影響を与えない程度の一部分だけです。

その点、中古のマンションであれば、はじめからリノベーションを前提に購入すれば、大幅な仕様変更が可能です。築20年、30年経ったマンションの一室であっても、最新の設備を導入し、今風の間取りに変更すれば、新築と変わりない快適な住まいとなることでしょう。
居住用不動産の選択肢として中古マンションとリノベーションを考えている人は、事前にどんなリノベーションがしたいのか、そしてそのリノベーションが可能であるのかを必ず確認しておきましょう。
中古マンションであっても、自由にどんな改装もできるというわけではありません。


構造上撤去できない間仕切りもありますし、移動できない配管もあります。
契約前に図面のコピーを手に入れ、専門家に見てもらうのが望ましいでしょう。

東京都の不動産担保の情報を手に入れてみませんか?

品川区のローンの情報をお届けします。





東京都の不動産担保について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

https://okwave.jp/qa/q6298936.html

https://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000QZZWI

http://smany.jp/8281

関連リンク

img-2
中古不動産のリノベーションでは事前に図面を確認

中古の不動産を購入してリノベーションする、というマイホームの選択肢が注目を集めています。新築物件よりも手頃で且つこだわりを実現できる自由度が高いことが人気の理由です。...

more
img-2
不動産を所有するなら自由度を重視

マイホームとひとくちに言っても、居住用不動産の形態は様々です。まずは大きく中古と新築の選択肢があり、マンションと一戸建てがあります。...

more
top