中古の不動産売買が活発に

img-1

不動産を買うなら新築が良い、と考える人が多いでしょう。

予算やその他の条件を無視して、新築か中古かという選択だけであれば、誰だって気持ちの良い新築が良いと考えます。しかし実際には予算の関係であったり、希望するエリアには新築物件が期待できなかったり、とさまざまな事情があって中古の不動産を選択する人も多くいます。

現在日本では中古物件が見直されてきており、供給量も増えています。

新築は放っておいても毎年次々と売り出されますが、中古物件は供給数に変動があります。
供給数が多ければ選択肢が増えますので、消費者にとって悪いことではありません。
これまでは、中古物件であっても築20年まで、と考えている人が大半でした。住宅ローンの減税を受けられるのが一戸建てなら築20年までと決められていたせいでもあります。


しかし現在は一定の基準を満たせば築年数に関わらず減税を受けられるようになりました。
そんなこともあり、いっそ築30年以上の格安物件を購入してリノベーションする、という選択肢が増えていることは確かです。


考えてみれば、一戸建てにしても建築費は数千万円かかります。


マンションなら何億です。これをたった20年や30年で取り壊すのはナンセンスです。
中古の不動産のほうが立地面で有利ということもあり、今後も中古物件の売買は活発に行われることでしょう。


新築にこだわりすぎて結局予算の都合がつかず諦めるくらいなら、中古物件の購入も充分に検討の余地ありです。

期待できる不動産担保のローンの融資の最新情報をお伝えします。

都内の不動産担保使いやすさが好評です。

相続放棄を求める人にお勧めしたいサイトです。

ローンの不動産担保を情報を幅広くご活用下さい。

相続放棄のための相談のことならこちらをご活用ください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13109175693

https://allabout.co.jp/gm/gc/10138/

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8630756.html

関連リンク

img-2
不動産を所有するなら自由度を重視

マイホームとひとくちに言っても、居住用不動産の形態は様々です。まずは大きく中古と新築の選択肢があり、マンションと一戸建てがあります。...

more
img-2
不動産投資の種類はどちらがいいか

会社員や主婦が不動所得を手に入れたいとすれば不動産投資をすることが割と賢明な選択になりつつあります。不動産投資をする人は、かつては投資家として経験がある人が中心でした。...

more
top