不動産投資の種類はどちらがいいか

img-1

会社員や主婦が不動所得を手に入れたいとすれば不動産投資をすることが割と賢明な選択になりつつあります。

不動産投資をする人は、かつては投資家として経験がある人が中心でした。


サラリーマンで投資をしている人は少なかったのですが、最近はサラリーマンでも将来的な安定感はなくなっていますので、不動産投資をする人が増えてきているのです。


不動産投資をするのは、不労所得としてそれほど労力を要せずに収入を得ることができるからです。


また、インフレ対策にも有効なのがマンション経営やアパート経営になります。


たとえば1000万円のお金を銀行や郵便局に預けたままだとインフレが起きたときにその価値は下がってしまいます。
ですが、その1000万円を投資することで、インフレが起きたとしても価値が下がる可能性が少ないのです。

このようなメリットが投資にはありますが、では、もし不動産投資をする場合にマンション投資とアパート投資のどちらがいいでしょうか。

マンション投資をする場合のメリットは初期費用が安いことです。
マンション経営はアパート経営と違い、土地は購入せずその区分だけ購入すればいいのです。


その分初期費用が安くなるというメリットがあります。


アパート経営は、多少初期費用が高くなりますが、マンション経営のように空室が1室出たとしてもそこからの収入がなくなる訳ではありませんので、安定感があるのです。このように、それぞれメリットがありますので、より投資しやすい方を選びましょう。

不動産担保ローンの相談の情報を知りたい方必見です。

今すぐ使える相続放棄に関しての情報が閲覧できます。

クレジットカードのホームページをチェックしましょう。

最近気になった不動産担保のローンの融資の口コミ情報をまとめました。

相続借金に関する情報収集をサポートします。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4612201.html

https://matome.naver.jp/odai/2146911912506575101

https://works.medical.nikkeibp.co.jp/articles/36568/

関連リンク

img-2
不動産担保ローンに申し込むために必要な書類

金融機関の不動産担保ローンは、土地や建物を担保として提供することで、多額のお金を低金利で借りることができるローン商品ですが、これに申し込むためには他のローン商品と同じように金融機関が指定している書類を提出しなければなりません。不動産担保ローンの申し込みで必要となる書類は大きく、本人確認書類、収入証明書類、担保確認書類の3種類に分けられます。...

more
img-2
不動産を所有するなら自由度を重視

マイホームとひとくちに言っても、居住用不動産の形態は様々です。まずは大きく中古と新築の選択肢があり、マンションと一戸建てがあります。...

more
top