不動産担保ローンに申し込むために必要な書類

img-1

金融機関の不動産担保ローンは、土地や建物を担保として提供することで、多額のお金を低金利で借りることができるローン商品ですが、これに申し込むためには他のローン商品と同じように金融機関が指定している書類を提出しなければなりません。不動産担保ローンの申し込みで必要となる書類は大きく、本人確認書類、収入証明書類、担保確認書類の3種類に分けられます。


本人確認書類とは、公的機関が身分証明書として発行している書類で、運転免許証やパスポート、在留カード、健康保険証、個人番号カードなど、非常に多くのものが該当します。何を用意すべきかわからない場合は、住所、氏名、生年月日、顔写真がすべて載っているものを選べば問題になることはありません。

収入証明書類は、申込者の直近の収入の取得状況を示すための書類で、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書、年金証書などが該当します。
サラリーマンなどの給与所得者の場合は源泉徴収票を、個人事業主の場合は確定申告関連の書類を利用すると良いですが、金融機関によっては2期以上の分を提出しなければならないので、申込関係の書類をよく確認しておきましょう。
担保確認書類は、担保として提供する不動産の内容がわかる種類で、不動産の登記事項証明書、固定資産評価証明書、建築確認通知書、公図や測量図などの図面などが該当します。
これらの書類は法務局や市区町村役場に交付を請求することで手に入れることができます。また、ケースによっては上記の3種類以外にもさらに書類を用意する必要があります。
例えば、事業資金の確保が目的であれば事業計画書や決算書類が、借り換えが目的であれば借入金の残高証明書や返済予定表が必要です。

都内の不動産担保に関するお役立ち情報サイトです。

人には聞けない珍しい品川区のローン情報をお届けします。

不動産つなぎローン情報を調べられるこのサイトはオススメです。

クレジットカードの優良サイトの情報を公開中です。



https://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000QZZWI

https://tmall.tsite.jp/B_3.php?SHOP_ID=13665&scid=K_txt

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12149520782

関連リンク

img-2
不動産担保ローンに申し込むために必要な書類

金融機関の不動産担保ローンは、土地や建物を担保として提供することで、多額のお金を低金利で借りることができるローン商品ですが、これに申し込むためには他のローン商品と同じように金融機関が指定している書類を提出しなければなりません。不動産担保ローンの申し込みで必要となる書類は大きく、本人確認書類、収入証明書類、担保確認書類の3種類に分けられます。...

more
img-2
中古不動産のリノベーションでは事前に図面を確認

中古の不動産を購入してリノベーションする、というマイホームの選択肢が注目を集めています。新築物件よりも手頃で且つこだわりを実現できる自由度が高いことが人気の理由です。...

more
top